無線LANの仕組み

無線LANは各通信会社からかりるルーターを通じてLANがなくても、電波を送る事ができる状況になります。
そのため、LAN回線の場所をとったり、配線が絡まるという事もないですし、離れた場所にパソコン等の電波を受けたい端末があってもすぐに回線を繋いだ環境に入れます。
無線LANはインターネットを快適に使用するためには欠かす事ができない対応なのです。
また、繋げる端末が増えても配線が必要なく、ただログインするだけで台数に関係なくネット環境を使用する事ができるのです。

しかし、無線LANは繋がらないといった事もたまにありますので、その時に的確な対処をとる必要があります。
無線LANが繋がらない原因ですが、情報端末機器の面と、もともとの電波を送るための機器であるルーター面の問題があるのです。
そこで原因を特定していく事が重要になります。
使っている情報端末機器で使用できないけど、他の情報端末機器は繋ぐ事ができるという事であれば、使用している情報端末機器の通信機能に問題があるので、情報端末機器の状態の見直しをする形になります。

そして、他の端末機器でも繋がらない場合はもともとのルーターに問題がある可能性があるので、そのルーターが会社からかりている物なら、契約している会社に電話して、修理や設定の見直しをする必要があるのです。
自分で原因の特定はある程度出来ますので、まずはどこに原因があるかを把握していきましょう。
原因をあらかじめ把握することで、自分で解決できる問題の場合はすぐに対処できます。


▽ Special Link ▽
モバイルwi-fi各社の対応エリア、通信速度、安定性など比較できるサイトです ―> モバイルwi-fi 比較

Copyright © 2014 無線LANがつながらなかったら… All Rights Reserved.